ホーム > 全国がエリア > 東日本
全国がエリア 東日本WIDE 西日本WIDE 北海道 東北 関東甲信越 東海 北陸 近畿 中国 四国 九州・沖縄
 
     東日本WIDE
 
   関東甲信越(伊豆箱根)〜北海道間で2つ以上の地方がエリアのきっぷ  
 
 [PR]
 
北海道 東北 関東甲信越 東海 北陸 関西


JR東日本全線+函館+青い森鉄道など全8社
[JR東日本他]   三連休乗車券   (3連休)
販売期間 2014年6月19日(木)〜2015年1月9日(木)
 有効開始日の1ヶ月前から前日まで(前売りのみ・当日の販売はありません)
有効期間 下記の連続3日間
 3連休(年末年始・ゴールデンウィークを除く)
 2014年 7月19日(土)〜21日(月)
       9月13日(土)〜15日(月)
      10月11日(土)〜13日(月)
      11月 1日(土)〜 3日(月)  22日(土)〜24日(月)
 2015年 1月11日(土)〜13日(月)
有効時間 有効開始日の 0時〜最終日の24時までです
最終日の24時に 乗車中の場合は
 そのまま乗車できます。改札を出ない限り、きっぷは有効です。
 例 : 最終日に秋田で上野行特急「あけぼの」に乗車
     下車して改札を出るまで有効ですので、上野に到着後
     改札を出ないで新宿へ行き、松本まで行くこともできます
有効列車 普通・快速列車の普通車自由席
特急(新幹線を含む)などには、特急券などが必要
 特急券などは「大人の休日倶楽部」「ジパング倶楽部」などの割引は
 適用できません
着席券(富士急の「富士登山電車」を含む)・ライナー券などの必要な列車は、別途ライナー券などが必要です
例外的に、一部の区間で特急券なしで特急列車に乗車できます
有効区間

JR東日本鉄道全線(新幹線を含みますが、特急券が必要)・BRT(バス高速輸送システム)
JR北海道の函館と本州の間
     中小国〜木古内〜函館   木古内〜江差
青い森鉄道  IGRいわて銀河鉄道  三陸鉄道
北越急行  伊豆急行  富士急行

  東北地方は一部不通の箇所があります 東北地方再開状況
    JRの代行バスには乗車できます

三連休乗車券有効エリア図

価格 大人 13,390円    こども 4,110円
特急の無料区間 特急列車を利用できる区間
蟹田〜木古内   青森〜新青森
注) 利用できるのは、普通車自由席です
    区間内で乗車し、区間内で下車をしなければなりません
    例 : スーパー白鳥
     ○ 蟹田で乗り、木古内で降りる
     
X 蟹田で乗り、函館で降りる
     X 蟹田で乗り、木古内で下車し改札の外へ出て、再び同じ列車に
        乗り、函館で降りる
        上記2例とも、蟹田から函館までの特急に乗車した全区間の
        特急券が必要
備考

・東海道新幹線には使えません
・JRと相互乗り入れを行っていますが、しなの鉄道などには使えません

参考運賃 大人片道  東京から 函館 11,880円  盛岡 8,420円  仙台・山形 5,940円
販売窓口 JR東日本の駅の「みどりの窓口」 びゅうプラザ および 主な旅行会社など
詳細 JR東日本
駅レンタカー 駅レンタカー特別料金(フリーエリア内の駅レンタカー営業所で利用)
 例 : Sクラス 12時間 5,100円  24時間 6,100円 など
 利用者自身が事前に予約
 ジェイアール東日本レンタリース






JR北海道JR東日本4社の全線
[JR北海道・東日本]   北海道&東日本パス  (期間限定)
 概略 JR東日本・JR北海道および青い森鉄道・IGR銀河鉄道・北越急行・富士急行の全線の普通列車に連続7日間有効のきっぷです。
急行券を買えば急行にも乗車できます
が、特急には一部の例外を除いて使えません。
販売期間 冬 : 2014年12月 1日(月)〜2015年1月4日(日)

春 : 2014年 2月20日(木)〜4月4日(金)
夏 : 2014年 6月20日(金)〜9月24日(水)
有効期間 連続7日間(購入時に利用開始日を指定 変更は1回のみ可能)
冬 : 2014年12月10日(水)〜2015年1月10日(土)

春 : 2014年 3月 1日(土)〜4月6日(日)
夏 : 2014年 7月 1日(火)〜9月30日(火)
有効時間 有効時間は0時〜24時まです。24時に走行中の列車は、0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効です。東京周辺の電車特定区間は終電まで有効です

有効期限が12月31日までの乗車券は、電車特定区間内で終夜運転が行なわれていれば、1月1日の標準ダイヤの始発電車運行開始前まで有効です。
有効列車

普通・快速列車の普通車自由席
 急行列車には急行券が必要です。
 特急列車(新幹線を含む)には備考欄の特例区間以外には使えません。(無効)

 普通・快速列車の普通車指定席には指定券が必要です
 グリーン車自由席にはグリーン券が必要です(指定席には使えません)

富士急行 : 快速「富士登山電車」には着席券が必要です。(有料)
        「フジサン特急」には使えません。

フリー区間

JR北海道・JR東日本・BRT(バス高速輸送システム)
青い森鉄道  IGRいわて銀河鉄道  北越急行  富士急 以上の全線

東北地方のJR線は、一部不通の箇所があります 東北地方再開状況
北海道&東日本パスフリーエリア図

価格 大人 10,290円     こども 5,140円
備考

以下の区間は、特急の普通車自由席に乗車できます
新青森〜函館 : 区間内のみを特急に乗車する場合
  特急の普通車自由席に乗車できます → 特急券が必要です
新夕張〜新得  蟹田〜木古内  青森〜新青森
  区間内のみを特急に乗車する場合 → 特急券は不要です
上記以外の特急列車には使えません(無効)

臨時普通夜行列車
「ムーンライトえちご」の2014年夏の運転はありません  

その他ルールは青春18きっぷと同じです

販売窓口 JR北海道 JR東日本の主な駅の「みどりの窓口」 旅行センター および 主な旅行会社
詳細 JR東日本    JR北海道     えきねっと






宮城・山形県より南のJR東日本+13社
[JR東日本他]    週末パス    (通年)
販売期間 2013年4月1日(月)〜2015年2月27日(金)
  有効開始日の1ヶ月前から前日まで(前売りのみ・当日の販売はありません)
有効期間

連続2日間(土曜・日曜  休日の金曜・土曜  日曜・休日の月曜)
2013年4月6日(土)〜2015年3月1日(日)

使えない日 年末年始  ゴールデンウィーク  お盆
2014年  4月26日〜29日  5月3日〜6日  8月16日・17日
      12月27日・28日
2015年  1月3日・4日
有効列車

普通・快速列車の普通車自由席  JRの代行バス
特急(新幹線を含む)などの利用には、特急券などが必要です

フリー区間

山形鉄道 阿武隈急行 福島交通 ひたちなか海浜鉄道 鹿島臨海鉄道
北越急行 しなの鉄道 長野電鉄 上田電鉄 松本電鉄
富士急行 伊豆急行 以上全線
会津鉄道 : 西若松〜会津田島間
JR東日本 : 指定区間(おおむね宮城・山形県より南)

   東北地方は一部不通の箇所があります 東北地方再開状況
    JRの代行バスには乗車できます
週末パスのフリーエリア図

価格 大人 8,730円     こども 2,560円
販売窓口 フリーエリア内のJR東日本の駅の「みどりの窓口」  びゅうプラザ
提携販売センター  営業販売センター および 主な旅行会社
詳細 JR東日本
駅レンタカー 駅レンタカー特別料金(フリーエリア内の駅レンタカー営業所で利用)
 例 : Sクラス 12時間 5,100円  24時間 6,100円 など
 利用者自身が事前に予約



       


 
 
 
 
 


TREIN SUITE「四季島」

JR東日本 特急車内販売案内

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
各乗車券をご利用の際は、必ず発券会社などの公式サイト(詳細欄に記載)を、ご確認ください。
このページの先頭へ移動価格は直販価格です。旅行会社などでは手数料が加算されることがあります。事前にご確認ください。