ホーム > 全国がエリア > 西日本 > 関西 > 大阪へ
全国がエリア 東日本WIDE 西日本WIDE 北海道 東北 関東甲信越 東海 北陸 近畿 中国 四国 九州・沖縄
 
  各地から大阪へ
 
[PR]
 
関西JR 関西私鉄 大阪市 大阪南部 東・北部 USJ 京都 兵庫

大阪市のみがエリアのきっぷは → こちらへ
大阪府南部のきっぷは → こちらへ
大阪府東部・北部のきっぷは → こちらへ
USJ入場券付きのきっぷは → こちらへ
関西地方で3府県以上がエリアのきっぷはこちら → 関西WIDE



通天閣など24施設の入場券付き

[大阪市内]   大阪周遊パス拡大版  (通年) [入場券付き]

販売期間 2017年度版 2017年4月1日(土)〜2018年3月31日(土)
有効期間

1日間・連続2日間
2017年度版 2017年4月1日(土)〜2018年4月30日(月)

フリー区間

大阪市バス・地下鉄 / 大阪市内の鉄道  エリア図
  
注 : JRと阪堺電車は利用できません
帆船型観光船サンタマリア(デイクルーズ゙ 45分コースのみ)
大阪水上バス
 アクアライナー(12〜2月限定 大阪城・中之島めぐり60分コースのみ)
とんぼりリバークルーズ
     +
大阪市内までの利用鉄道会社の指定フリー区間   
大阪周遊パス基本フリーエリア図

価格・指定区間

[ ]内が指定フリー区間

エリア図
阪急 : 2,900円 [大阪府・兵庫県内・千里線・水無瀬以西]
阪神 : 2,900円 [全線]
南海 : 3,200円 [孝子・天見以北(大阪府内全線)]
京阪 : 2,500円 [基本版のみ販売]
近鉄 : 2,500円 [基本版のみ販売]
大阪市内基本版(上記地図)は 2,500円

備考

通天閣 空中庭園展望台 大阪城天守閣 天保山大観覧車など24施設に入場可能
上記の他観光施設などの割引特典付き

詳細 大阪観光局






海遊館入場券付

[大阪市他]   OSAKA海遊きっぷ  (通年) [入場券付]

販売期間 2017年版 : 2017年4月1日(土)〜2018年3月31日(土)
有効期間 1日間
2017年版 : 2017年4月1日(土)〜2018年4月30日(月)
フリー区間

・基本フリー区間(全社共通) : 大阪市営地下鉄・ニュートラム・市バス全線
             +
・大阪市内までの利用鉄道会社の指定フリー区間
             +
・海遊館入場券(2回以上入場できます)

価格と
指定フリー区間
  大人 こども 指定フリー区間
大阪市  2,550円  1,300円

基本フリー区間のみ

 阪急 2,960円 1,610円  阪急全線(神戸高速線を除く)
 能勢 3,270円 1,760円  阪急・能勢全線(神戸高速を除く)
 阪神 2,960円 1,610円  全線(神戸高速を除く)
 南海 3,010円 1,660円 南海全線
 北急 2,660円 1,360円 北大阪急行全線
 泉北 3,120円 1,600円 泉北全線+南海中百舌鳥・堺以北
 京阪 3,100円 1,600円 京阪全線(大津線・ケーブルを除く)
 近鉄1 3,170円 1,710円 近鉄大阪府内の指定区間
 近鉄2 3,580円 1,910円 近鉄スルッとKANSAIエリア
近鉄は1・2共 大阪難波〜阪神西九条もエリア
備考

観光施設などの割引特典付

海遊館休館日
   2018年1月17日(水)・18日(木)  2月7日(水)・8日(木)

参考 :海遊館通常入場券 : 大人  2,300円(16歳以上又は高校生以上)
                  こども 1,200円(小・中学生)  
                  幼児   600円(4歳以上) 

注)海遊館の入場料は中学生がこども料金ですが、鉄道会社の運賃は中学生は大人です。そのため中学生は大人券を購入することになりますが、発駅によっては通常のきっぷと比べ高くなることがあります。

関連サイト 海遊館ホームページ
詳細 大阪市交通局






地下鉄・ニュートラム・市バス
[大阪市交通局]   エンジョイエコカード  (通年)
販売期間 通年
有効期間 1日間
12月31日利用分は翌日の1月1日通常の始発前まで有効です
フリー区間 地下鉄・ニュートラム・市バス全区間
価格 大人 平日 800円   土曜・休日 600円   こども  300円
備考 観光施設などの割引特典付
販売窓口 地下鉄・ニュートラム各駅の券売機 地下鉄定期券発売所 バス車内
市営交通案内所 駅構内の売店など
詳細 大阪市交通局
セット券 大阪いっ得きっぷ大阪プラスワンきっぷ
  高速バスの往復乗車券とのセット券
   基本的に往復乗車券+100円

 長野・松本・茅野から
   2016年4月1日〜2018年3月31日出発分
   片道・往復運賃+100円 または 200円

  福井からの高速バス   通年
   往復乗車券+100円
    バスチケットセンター 西鯖江駅 神明駅で販売

 徳島・鳴門から
  往復乗車券+100円
  2016年4月29日(金)〜2018年3月31日(土)
  徳島バスで販売

  四国交通
   阿波池田 8600円  板野 6300円など

  伊予鉄バス
   通年
   往復乗車券+100円
   いよてつチケットセンター(松山市駅構内)  伊予鉄南予バス八幡浜営業所
   松山バスプラザ(JR) などで販売 






[JR・近鉄]   奈良・大阪フリーきっぷ  (通年)
販売条件 2名以上が同一行程(同一の列車)で旅行
販売期間 2018年3月30日(金)まで
 利用日の前日まで(利用日当日の販売はありません)
有効期間 連続3日間
2018年4月2日(月)まで
往復の列車 新大阪までは新幹線指定席
 新幹線の駅までは、普通・快速列車の普通車自由席
途中下車はできません
フリー区間

普通・快速列車の普通車自由席
JR・近鉄とも特急の利用は特急券が必要

JR西日本奈良大阪フリーエリア   近鉄・奈良交通指定路線
奈良大阪フリーきっぷフリーエリア図

価格 2名以上で販売 価格は1名分(こども半額)
こどもだけの販売・利用は不可

主な発駅 大人 こども  グリーン車
 岡山  13,370円 6,680円   15,430円
 福山 16,460円 8,230円  19,540円
 広島市内  19,030円 9,510円  22,120円
 新山口 23,140円  11,570円  27,260円
備考

2名以上(同一行程に限る)で販売
近鉄の自動改札機は通れません

販売窓口 出発地周辺の主な駅の「みどりの窓口」 および 主な旅行会社
「e5489」
詳細 JR西日本  JR西日本(2017年4月1日以降出発分)






山陽沿線 明石・姫路方面から大阪へ
[阪神・山陽]  阪神・山陽シーサイド 1dayチケット (通年)
販売期間 2017年版 :2017年4月1日(土)〜2018年3月31日(土)
有効期間

1日間
2017年版 : 2017年4月1日(土)〜2018年4月30日(月)まで

フリー区間 ●阪神電鉄・山陽電鉄全線(バスを除く)
●神戸高速線(阪神元町-西代)
阪神山陽シーサイドデイチケットフリーエリア図
価格 2,000円
備考 通常運賃  片道 姫路〜阪神梅田 1,280円  JR姫路〜大阪 1,490円
販売窓口 阪神 : 各駅(大阪難波を含む) 三宮サービスセンター
神戸高速 : 高速神戸 新開地 高速長田の各駅
山陽 : 主要駅窓口  播磨町以西の券売機
詳細* 山陽電鉄    阪神





[山陽・阪神]   阪神・明石市内 1dayチケット  (通年)
販売期間 2017年版 :2017年4月1日(土)〜2018年3月31日(土)
有効期間

1日間
2017年版 : 2017年4月1日(土)〜2018年4月30日(月)まで

フリー区間 阪神全線     神戸高速 : 阪神元町〜西代
山陽 : 西代〜山陽明石〜西二見
阪神明石市内ワンデイチケット
価格 1,500円
販売窓口

山陽 : 西代 板宿 東須磨 須磨 垂水 明石 東二見の各駅
     大蔵谷〜西二見の券売機
神戸高速 : 高速神戸 新開地 高速長田の各駅長室
阪神 : 梅田 尼崎 甲子園 御影 三宮の各駅長室で販売

詳細* 山陽電鉄   阪神





[山陽電車・バス・阪神]   垂水・舞子1dayチケット  (通年)
販売期間 2017年版 :2017年4月1日(土)〜2018年3月31日(土)
有効期間

1日間
2017年版 : 2017年4月1日(土)〜2018年4月30日(月)まで

フリー区間

山陽バス全路線(高速バスなど除外区間あり)
鉄道は以下の区間
●三宮版
山陽電車・神戸高速鉄道指定区間
 西舞子〜舞子公園〜垂水〜西代〜高速神戸〜阪神/阪急三宮

●阪神版
山陽電車・神戸高速鉄道指定区間 阪神電車全線
 西舞子〜舞子公園〜垂水〜西代〜高速神戸〜阪神元町〜阪神梅田
垂水・舞子ワンデイチケットエリア図

価格 三宮版    800円
梅田版   1,300円
備考 通常運賃 大人片道 大阪難波〜舞子公園 930円  JR :大阪〜舞子 800円
販売窓口 山陽バス車内
神戸高速 : 高速神戸 新開地 高速長田
阪神

  神戸三宮駅の駅長室・サービスセンター
  阪神版は 梅田 尼崎 甲子園 御影の各駅でも販売 
詳細 山陽電鉄三宮版   山陽電鉄阪神版    阪神






四国から大阪・神戸へ
[JR四国]   阪神往復フリーきっぷ  (通年) [往復+フリー]
販売期間 通年
有効期間

4日間用は連続4日間
土休日2日間用は連続2日間(出発日が土曜・休日に限る)

往復の列車

発駅〜岡山駅は特急列車普通車指定席
 高松・坂出ゾーン発は、発駅〜 岡山駅は普通・快速列車普通車自由席
岡山〜西明石・新神戸・新大阪は新幹線普通車指定席

途中下車はできません

フリー区間 快速・普通列車の普通車自由席
JR四国阪神往復フリーきっぷエリア図
価格

発駅の一例

4日間用 土休日2日間用 こども
 高松ゾーン  13,170円 12,340円  5,140円
 坂出ゾーン 12,650円 11,830円 5,140円
 松山・今治ゾーン 17,490円 16,460円 6,170円
 高知ゾーン 16,770円 15,740円 6,170円
 中村・宿毛ゾーン 22,110円 21,090円 6,170円
備考

発駅ゾーン周辺でのみ販売
***************************
グリーン車用(新幹線は普通車指定席  フリーエリア内は普通車自由席です)
阪神往復フリーしおかぜ・南風グリーンきっぷ (4日用大人のみ)
   発駅〜岡山 : 特急「しおかぜ」「南風」のグリーン車指定席
            宇和島〜松山間にグリーン車はありません

阪神往復フリーマリングリーンきっぷ (4日用大人のみ)
   高松 / 坂出ゾーン〜岡山 : 快速「マリンライナー」グリーン車指定席

販売窓口 JR四国・土佐くろしお鉄道の駅の「みどりの窓口」
ワープ支店  駅ワーププラザ  四国内の主な旅行会社
詳細 JR四国  土休日用  こども用   土佐くろしお鉄道   パンフ



       

 
 
 
 
 


大阪マラソン
  2016年10月30日(日)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン



海遊館


造幣局(大阪)桜の通り抜け
 2016年4月8日(金)〜14日(木)


 
 
 
 
 
 
 
 
各乗車券をご利用の際は、必ず発券会社などの公式サイト(詳細欄に記載)を、ご確認ください。
このページの先頭へ移動価格は直販価格です。旅行会社などでは手数料が加算されることがあります。事前にご確認ください。